So-net無料ブログ作成
検索選択
京都へ ブログトップ

気がつけば半年以上ご無沙汰でした。 [京都へ]

誠にご無沙汰いたしておりました。

腱鞘炎以来、ちょこっと自粛したり、がたがたと体調を崩したり、いろいろあった半年です。

なんと言っても娘の卒業&受検&入学がハードでした。やっと落ち着いてきた(まだ落ち着かない)感じがします。

さて、この期間、何もしていないわけでもなく…。

入試が終わったら、姑も含めて3人で京都に行こうと言うことになっておりました。花粉がきつかったです。

IMGP1640.JPG

京都右京区ー龍安寺-。by0655龍安寺の歌。石はやっぱり一度に全てを確認できませんでした。外国の方多数。あと、なぜかカップル多数。なんでかなー。

IMGP1645.JPG

東山花灯路。これ、来たかったんです。東山エリアに花と灯籠で飾り立てた不思議な空間発生。この桜はまだつぼみなんだけど、満開の様に見えるのですな。

青蓮院ではライトアップ期間。お庭が青いLEDに照らされて何とも幻想的な空間になっております。実は近くで今はやりのプロジェクションマッピングもやっており、見たんですけど…こっちが何倍も素敵。ずっと座って眺めておりました。

IMGP1659.JPG

東寺で立体曼荼羅に感動し、

IMGP1671.JPG

奈良公園で鹿の熱烈歓迎を受けたり、

IMGP1675.JPG

法隆寺で途方もない歴史を感じたりしました。

中宮寺で弥勒菩薩に再会し、帰路についた春の旅でした。このあと娘は宿題地獄に、姑は春仕事に忙殺され、私は花粉症をずるずる引きずっていたのであります…。


posted by Yuki at コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

突如京都へ [京都へ]

2011年後半最大のイベントを記録しておきます。

私、定期的に京都に長いこと行っていた頃があるのですが、最近行けてなかったので突然思い立って行ってきました。

しかも日帰りで。尋常ではありません。

しかし、可能にしたのはこの電車の存在です。急行「能登」

DSC05017.JPG

DSC05018.JPG

この列車、臨時夜行列車です。金曜を中心に期間限定で走っているらしい。これで直江津発4:21~富山まで移動すれば、京都行きのサンダーバードに乗り換えることが出来ます。全席指定で、女性専用車両もあり、安全安心であります。すいていたのでボックス席に案内され、らくらく手足を伸ばしていけました。

サンダーバードに乗り換えると結構あっという間に京都へ。9時台につけちゃう。

旧知の人にあい、今回の目的地へ。

まず、リエノ。http://lleno.jp/

すてきすぎる手製ノートは自分にはちょっともったいないけど、あまりのすてきさに購入。

IMG_0046.JPG

IMG_0049.JPG

柄も中も選んでオーダーできます。痛んだら修理もお願いできる、一生モノのノートです。何を書くかは未定…。


地下鉄を使うと京都も狭い。どんどん移動できちゃうのです。便利になったね。ほんと。

私、出かけるとご飯が適当になります。今回はここで何か飲めれば満足だった。

スマート珈琲 http://www.smartcoffee.jp/

店内は昭和~な感じ。時間がゆっくり進みます。お客さんの年齢層も高くて、じっくり楽しんでおられる感じ。往年のスターが贔屓にしていたというお店を堪能します。

DSC05037.JPG

珈琲はふんわりした味。飲みやすいです。フレンチトーストはとろとろだい。おいしかったので豆も購入。


今回最大の目的はここの実店舗にいくことでした。

souーsou http://www.sousou.co.jp/

DSC05038.JPG

ここの手ぬぐい使うとやめられませんよ。めちゃめちゃ柔らかい。使うほどにソフトになります。手ぬぐいなのに色落ち関係なく洗濯機で洗えるのも楽ちんだし。

おはじき模様の首巻きを購入し、慌てて京都駅へ。16:00台の電車で帰路につきます。


20時には新潟に帰還。考えてみれば移動半分、滞在半分、強烈な日程です。でもたまには一人もいいもんです。2011年最大の冒険でした。意外と腰にきませんでしたが、体調万全の時におすすめします。


posted by Yuki at コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

京都まとめ 楽しい旅を。 [京都へ]

楽しい旅でした。

まず、観光タクシーをうまく利用して、京都を4つのエリアくらいに分けた中でうまくぐるりと回ってもらうこと。今回失敗したのはやはり三十三間堂を入れたこと。移動時間が一時間くらいかかってしまい、ロスタイム。洛中・洛北に絞れば、竜安寺などを入れてもうちょっと充実した旅になったかも。でも、時間の無い中ではやむを得ませんでした…。

2つめ。メジャーなおみやげは京都駅ですべてそろうし、品揃えも万全。今回は、
聖護院八つ橋 http://www.shinise.ne.jp/options/shinise/pa_toppage.asp?temp_id=18&shp=17
いろんな味があります。べつにこのお店にこだわる必要もありませんが、京都にくるときはなぜかいつもここで買います。

ブルーベリー餅その他京都の和菓子
鶴屋吉信 http://www.turuya.co.jp/frm/idx_frm.htm
美味しい~。

西利の千枚漬 https://www.kyoto-hotline.co.jp/cargo/nishiri/shopping/shopping.html" target="_blank">https://www.kyoto-hotline.co.jp/cargo/nishiri/shopping/shopping.html
季節柄最後になりました。ここはすごく薄味なのですな。

そんなわけで、ほとんどのおみやげはここから宅配で送ってしまいました。手ぶらが一番。
お店に直接行ったのは手ぬぐいのRAAK http://www.raak.jp/ に行っただけ。町ぶらを楽しめなかったのはちょっと残念ですが姑の足を考えると、ゆっくりペースでいけたのは良かったですね。

面倒くさかったのは金沢での乗り換え。足の悪い姑を気遣うのに大変。エスカレーターもありましたが、両方向あるわけでなし…。昔は新潟からの直行がかなりあったのに、なぜに無くなってしまったのだろう…。

何回行ってももう一回行きたいとおもう京都。この次はぜひ祇園を中心に町ぶらで。うん。



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

京都その7 平等院鳳凰堂 [京都へ]

翌日は朝から宇治へ移動。それはあこがれのこれに出会うため。
Dsc01489.jpg
10円玉の裏。といえば身も蓋もないけれど。まさしく。
Dsc01496.jpg
中にいれて参拝しようと思ったけど、一回20分、50名様では一時間半待ち。断念しました。
Dsc01490.jpg
屋根の上の鳳凰は平等院ミュージアム鳳翔館に飾られている。驚くほど精巧な造り。

平等院ミュージアム鳳翔館は平等院の宝物などを展示している。雲中供養菩薩、非常に美しいです。ミュージアムショップも充実していて、息子はマウスパッドを購入。渋いなあ。お寺に行ったと言うより、美術館に行った感じだ。ミュージアムショップの通販こちら

最後は出口付近のお茶屋さんで、ぜんざいをいただきました。
Dsc01497.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

京都その6 蓮華王院 三十三間堂 [京都へ]

1001体の千手観音と風神・雷神像を見てきました。

観音様も大勢おわしたけど、人が多すぎ。修学旅行なのか、団体観光客なのか、前に進むのもやっと。しかしながら、あの長い廊下と観音様の顔・顔・顔・・・。圧巻でありました。

一日めの観光ツアーは以上で終了。ここで観光タクシーのおじさまとお別れ。MKタクシーさん、ありがとうございました。とってもわかりやすい解説をしていただいたのでよかったです。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

京都その5 広隆寺で弥勒菩薩に会う [京都へ]

いつか会いたいと思っていた菩薩様

弥勒菩薩は、未来に下界に降って仏となり、衆生を救うとされる菩薩。光瀬龍の「百億の昼と千億の夜」であったり、諸星大二郎の「暗黒神話」だったり、山岸良子の「日出処の天子」であるなど、この菩薩つながりの物語とのつながりなわけですが…。

写真撮影は禁止でありました。寺の本堂ではなく宝物殿?薄暗い博物館の中央におわします。

美しいお顔です。正座してじっくりと拝見している人数名。中ですっかり眠っている人も一名。しばしじっくりと向かいます。

息子曰く「飛鳥の風が吹くねえ」…まあ、そこまで古くはないだろうけど。広隆寺がいつ建てられたかは諸説あるらしい。でも、きらびやかな寺社よりは趣があって美しかったです。



暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)

暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)




百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)

  • 作者: 光瀬 龍
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 1997/04
  • メディア: 文庫




日出処の天子 (第1巻) (白泉社文庫)

日出処の天子 (第1巻) (白泉社文庫)

  • 作者: 山岸 凉子
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 1994/03
  • メディア: 文庫



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

京都その4 平岡天満宮 [京都へ]

梅といえば北野天満宮。椿は椿寺というのが一般的なイメージだそうですが…。タクシーの運転手さんに勧められて出かけてみました。
Dsc01487.jpg
古く歴史を感じさせる境内。さまざまな品種の椿が色とりどりに咲く。

Dsc01486.jpg
宮司さんの興味深い話を聞き終わると、宮司さんお手製の大福茶がいただけます。この宮司さん、しゃべるしゃべる。しかし押しつけがましい宗教の話ではなく、自然界すべてのものに感謝を込めて手を合わせる、といった具合のおおらかさ。どこに参るかも近所の神社・寺でよいそうで。

Dsc01488.jpg
ちょうど伝説の「白玉椿」が咲き始めたそうです。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

京都その3 金閣寺 [京都へ]

Dsc01483.jpg

金閣寺。この日は風がほとんどなく、さかさ金閣も見られました。うーんぴかぴか。息子に大受け。ただし、このくらいの距離で見るのがコツ。近づくとなんか興ざめ。何でだろう。

Dsc01485.jpg

舟形の五葉松。盆栽をそのまま地におろしたらしい。しかしまあ、贅を尽くしたとはこのことだ。足利義満恐るべし。権力者が金を持つとこうなる、ということか。ううむ。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

京都その2 北野天満宮の梅林 [京都へ]

Dsc01474.jpg

ま、お礼参りな訳です。こんなに込んでいるとは…。

梅園に入るには料金が必要です。
Dsc01476.jpg
Dsc01480.jpg
梅の花にはたくさんのメジロがとまって、ピヨピヨと飛び交う様がかわいらしい。
Dsc01481.jpg
一通り回るとお茶お菓子がいただけます。お菓子、うま~い。このお煎餅、美味しかったのでちょいとおみやげにと思ったらなかなか良いお値段ですな。

実はこの北野天満宮、この時期の梅があまりに有名だけれども(菅公が好んだといういわれもあるし)、紅葉の時期が素晴らしいのだそうです。それはそれで見てみたい…。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

京都へいってきました。その1 二条城へ [京都へ]

京都へ行ってきました。

姑が「生きているうちに寺参りがしたい」などと弱気なことをいうので、季節のよいこの時期を狙って計画していました。足がちょっと痛いらしいので、タクシーを使いまくる豪華旅です。ああ、お財布が…。

仕事の都合で夜に京都入り。翌朝から回り始めます。
Dsc01471.jpg

二条城は寺じゃないけど「ウグイス張り」体験がしたいそうなので…。知恩院とも考えましたが、そのほかの行程を考えて。

外国の方ばかり。あとちょっぴり修学旅行生。狩野派のふすま絵がお見事でした。しかし、たくさんあるくなあ…。内部を400mくらい歩いたらしい。ウグイス張りも十分堪能しました。

京都は快晴。梅もそろそろ終わる季節でした。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
京都へ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。