So-net無料ブログ作成
検索選択

新潟が現代アートで熱い! [アート巡り]

大地の芸術祭・水と土の芸術祭など、夏からやたら現代アートづいている新潟ですが、秋もまた派手になっております。

達成しました。「NIIGATA アートリンク-現代美術三昧-」。

今現在、県立万代島美術館では「ジパング展」が、県立近代美術館では「GUN-新潟に前衛があった頃-」、新潟市美術館では「草間彌生 永遠の永遠の永遠」をやっております。要は、どれか1カ所に行くと、残り2カ所が割引になります。県立美術館は100円引き、新潟市美術館は200円引きであります。最大300円、お得だというわけで…。

IMGP1405.JPG

一日でがんばれます。一番混んでいるのは草間彌生なので、まず新潟市美術館へ行き、そこから車で4分の万代島美術館へ。その後高速で長岡まで30分。楽勝です。

草間彌生は飽くなきアートへの情熱を感じる展覧会です。愛にあふれているわあ…というか、水玉にもあふれてますが。年々おおらかに色彩豊かになっているような気がする。たくさんの平面作品があるけれど、やっぱり彫刻が好きだな。特に白地に赤い水玉のチューリップが素敵でしたよ。

ジパング展は中学生や高校生らしき世代が多くびっくりだ。和と現代アートの調和、というか、今の日本の象徴というか、様々な日本的なモチーフで描かれた作品多数。鴻池朋子はここでも人気だなあ。私は山口晃のユーモアが好きだ。しかし、細かいタッチの作品が多いなあ。

GUN展。地元の作家でもあり、直接数回お会いしているお二人が中心となって活動していたGUN。なんかこう、かっこいいんですよ。特に雪のイメージを変えるイベントは写真でしか見られないけれど、すごいとおもう。時折作品の中に見える前山さんや堀川さんの笑顔が、かっこいい。昭和の頃先端を走っていたまさに「前衛」の姿なのです。

そんなわけで、どの展覧会も大満足でした。草間彌生展でツバメノートとのコラボグッズを買ったり、山口晃のクリアファイルを買ったり、お買い物も楽しかったのです。あ、三館制覇のプレゼントは付箋とクリアファイルでしたよ。

ジパング展は12月2日。GUN展は1月14日。草間彌生は12月24日までです。草間彌生はもう一回いきたいと思います。理由は「撮影可の草間カボチャがあったのに、充電が切れた」という悔いが残りまくりだからです。うう。


posted by Yuki at コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。